BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. DIY・店舗改装
  4. 【賃貸DIY】紅龍堂マンション、畑を作ります!

【賃貸DIY】紅龍堂マンション、畑を作ります!

こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。

突然ですが、ちょっとしたサプライズです。
以前からDIYを進めている例の書斎の近くに、なんと農地を借りました!

紅龍堂は、空を見上げたくなる物語を紡ぐ場所です。
物語は、紙の中にあるとは限らない。それが私たちの考えです。
グリム童話はグリム兄弟が口承の昔話を集めたところから始まりましたし、ディズニー・ランドは孤独なウォルトが、屋根裏のネズミを友人として慕った事から始まりました。
紅龍堂は、訪れる人がインターフォンを押す瞬間も、一つの物語のスタートと捉えています。
とはいえ、こんなご時世。
書店の扉を叩くのにも勇気が要りますよね(苦笑)
そこでインターフォンに代わるものとして、風通しの良い農地を拓きました。ええ、もちろん人力で。猫の額ほどの小さな畑なのですが、自給自足するには充分(のはず)

フィールドさえあれば、物語は広がっていきます。
(手伝ってくれたMちゃん、ありがとう!涙)

真面目な話、日本は食料自給率が低く、先進国では最下位。そんな中、種苗法改正で外資系企業に食のイニシアティブを売り渡そうとしているのですから正気の沙汰ではないのですが、加えてコロナ以後は、輸出入規制も予想されます。
幸か不幸か、種苗法改正に「家庭菜園」は含まれていません。
農業は三密とほぼ無縁でありながら、生きるために欠かせない営みです。結果を内省するしかない点は、読書にも通じています。

さて。
晴耕雨読の生き方に憧れる、でも何から始めればいいか分からない――
もしもあなたが、次の時代を見越して、そんな前向きな不安を抱き始めているならば。

紅龍堂に、遊びに来ませんか?

なんて、気が早いですね。ふふ。
でもいつか、本当に気兼ねなくお誘いできるように、私は種を蒔いていきます。
稲作と違い、畑作は私自身も初心者ですが――幸いなことに、本だけは幾らでもありますからね。タイムリーなことに、『王の庭師』の取材や翻訳も役に立っています。等身大であなたの相談に乗れるように、夜毎、勉強して参ります。
大変な時代ですが、一つ一つ。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。とっても嬉しいです。
きっとまた、遊びにいらしてくださいね。

よくあるご質問を、FAQにまとめました。
紅龍堂について気になることがございましたら、twitter等でお声かけ頂けると、とっても嬉しいです。

大家さんが千葉県市川市で入居者募集をしています。
「初月家賃無料、ペットもルームシェアも単身高齢者もLGBTQも外国籍も生活保護も前科持ちも当たり前に歓迎」だそうです。詳しいことはリンクからご確認くださいませ。
「自分も物語の世界に飛び込みたい」という方は、とりわけ、大歓迎です。


twitterを始めました。どうぞお気軽にフォローくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
ブログランキングに参加しております。1日1クリック、応援頂けると「ああ、読んで下さっている方がいる」と分かって励みになります。もちろん、記事を面白いと感じて頂けたら……いつもありがとうございます。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ