BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 紅龍堂書店の日常
  4. 杏奈(あんな)です。

杏奈(あんな)です。

私としたことが、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)と久利生(くりゅう)と景康(かげやす)は紹介したというのに、自分の名前の読みをお伝えすることをすっかり失念しておりました。
久利生杏奈(くりゅうあんな)と申します。改めてお話するとくすぐったいですね。
杏奈の名前は、おじいさ……景康がつけてくれました。実家は米農家だものですから、両親は美穂(みほ)や瑞穂(みずほ)にしたかったらしいのですが、おじいさんがどうしてもと言って譲らなかったそうです。
杏奈は、英語表記ですとそのままAnna。外国の方でも発音したり、ニックネームをつけやすいようにとの意図があるとか。確かに、英語圏以外の方に漢字の意味を聞かれても、「杏の木ですよ」とお話すればスムーズに伝わりますものね。アプリコットジャムは今や世界的に流通していますし。
ただ、どうして杏の木なのでしょうね?? そこが一番大事だと思うのですが、おじいさんは「僕の大好きな木なんだよ」とにこにこするばかりです。その大好きは両親が米へとかける情熱にも勝るとも劣らなかったというのでしょうか……おじいさん、恐るべしです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。とっても嬉しいです。
きっとまた、遊びにいらしてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ