BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 二十四節気・七十二候
  4. 黄鶯睍睆 (うぐいすなく)

黄鶯睍睆 (うぐいすなく)

こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。

北風が凄いですね!
私の住んでいる地域だけでしょうか? 春一番が恋しいです。
さて、今日から5日間は、旧暦七十二候では「黄鶯睍睆 (うぐいすなく)」という季節になります。
沖縄や九州地方では、もう鳴き声も聞こえてきているのでしょうか?
鶯の声は桜前線のようなもので、あたたかくなると同時に響き始めますからね。「春告鳥(はるつげどり)」という別名まであります。ふふ、なんとも風流な名称ですよね。
ちなみに鶯の鳴き方ですが、ホーホケキョと一声さえずる他に、「ケキョケキョケキョ」と長く鳴き続けることがありますよね? あれは「鶯の谷渡り」と呼ばれていて、人間の耳には楽しげに聞こえるのですが、鶯的には警戒の声です(苦笑) 紅龍堂書店は山の麓にありますから、4月~5月くらいに頻繁に耳にするのですけれど(地域にもよりますが、鶯は4月には山に帰ります)、そんな時は、そっと驚かせないように通り過ぎるようにしています。
あなたの地域では、毎年何月に鶯の声が聞こえてきますか?

最後まで読んで頂いてありがとうございます。とっても嬉しいです。
きっとまた、遊びにいらしてくださいね。


(twitterを始めました。どうぞお気軽にフォローくださいね。喜々とご挨拶に伺います)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(ブログランキングに参加しております。1日1クリック、応援頂けると「ああ、読んで下さっている方がいる」と分かって励みになります。もちろん、記事を面白いと感じて頂けたら……いつもありがとうございます)
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ