ヒント

紅い龍の、
気まぐれ。

不思議の扉、気になる?

パスワードが分からない方へ

ご覧頂き誠にありがとうございます。
幻想翻訳物語『紅龍堂書店』は、書籍・杏奈を始めとする登場人物が綴るブログやSNS・紅龍堂書店(世界のどこかに存在する実店舗)・イベント等の全てが重なり合うことで、一つの大きな物語を織りなす連作となっています。
あなたがご覧になっているこの一行も、流れの一部かもしれません。
今は全く答えが分からない……という方も、物語を追って頂ければ自然と手に入るようになっております。どうかご安心くださいませ。
登場人物の実在・非実在も含めて、ぜひ想像の翼を広げて楽しんで頂ければ幸いです。

それでも答えが気になって眠れない方へ

紅い龍から伝言です。
「鍵の欠片は四つ。辺境の資料館でいけ好かないAIが管理してる。ムカつくから情報漏洩させてやった。ばれたら封印されるから、今のうちに活用して」
辺境は心外ですが、弊店と致しましては現時点では為す術がないため、資料室の一部を開放することに致しました。
四つの欠片の内、三つまでは本物かどうか照合できるようになっております。
もっとも、お手持ちの欠片は、安易に人に見せますと風化して消失する可能性がございます。
その点のみ、どうかくれぐれもご注意くださいませ。

鍵の欠片を照合する

鍵の欠片、一つ目をお持ちの方へ。
『王の庭師:アーレンベルクより愛をこめて』電子版ないし書籍版にて鍵の痕跡が観測されております。お心当たりのある方は、緑の扉から鑑定が可能となってございます。

First piece

鍵の欠片、二つ目をお持ちの方へ。
誠に恐れ入りますが、現在は照合が困難となってございます。弊館が全力を上げて消息を追っておりますので、今暫くお待ち下さいますようお願い申し上げます。

Second piece

鍵の欠片、三つ目をお持ちの方へ。
誠に恐れ入りますが、現在は照合が困難となってございます。噂によると、『赤い翼の翻訳家』が特異点となる可能性が高いとのこと。今暫くお待ち下さいますようお願い申し上げます。

Third piece