事業理念

ご協力、
お願い致します。

出版レーベル「紅龍堂書店|RUBY DRAGON BOOKS」及び幻想翻訳物語『紅龍堂書店』(「コンセプト」をご一読ください)は、
事業理念として以下の基本方針を掲げております。ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

基本方針

差別行為を禁止しています。

弊レーベルは、全ての出版物の制作にあたり、国籍・人種・宗教・セクシャリティ・障がいの有無などを理由に侮蔑的表現を用いて貶めることは差別行為であると肝に銘じています。先進国において、ヘイトクライムへの重罰を定めていない国はほぼ皆無という現実を厳粛に受け止め、スタッフ全員が納得し、矜持をもって仕事しています。
この点につきまして、ご理解頂けることは大変な光栄ですし、逆に難色を示される方におかれましては、過去のお付き合いの有無を問わず出入をご遠慮頂いております。
言論の自由、またどんな本を読むのも思想の自由という大原則に基づいた上で、あくまでも紅龍堂書店の出版物をお取扱い頂く際は、性暴力を肯定する文脈の作品や、虚言を「歴史」と断定する作品等を陳列しない、または該当書籍に注意書きを添えるなどのご協力をお願い致しております。

紅龍堂の本は、すこし小さいサイズです

紙の単行本は四六判で出されることが多いですが、1903年(明治36年)に初めて文庫本が刊行された出版界の歴史を鑑みるに、こちらは男性の手を基準に考案されたサイズではないでしょうか。「重くて手が痛い」「大きくて持ちづらい」という声も聞いてきましたから、弊レーベルでは、紙や造本に工夫しつつ、基本的に単行本もA6やB6サイズで出版させて頂いております。
また、腱鞘炎やリウマチ、上肢機能障害の方は、紙の書籍それ自体に不便を強いられます。虐待家庭では家に本を置けない児童も少なくありません。そのため、アクセシビリティの平等の観点から、弊レーベルは全ての紙の書籍に「電子書籍の取り扱い」を明記させて頂いております。
賛否両論あることは存じ上げていますが、ご寛恕ください。

電子書籍について

電子書籍の紹介料率について

弊レーベルは、電子書籍の販売に際しても、町の書店様に利益を得て頂きたいと考えています。具体的には、クラウドファンディングの準備段階で書店様とのコラボリターンをご用意する・拡散やチラシ設置などのご協力を頂いた書店様には掛率を優遇させていただくなどです。詳細はお問合せください。

子ども割・困窮家庭には無料頒布します

紅龍堂書店の出版物は、全て「子ども割」を用意し、困窮家庭にはepubデータもしくはPDFデータを無料頒布しています。
内閣府『令和3年 子供の生活状況調査の分析』によると、二人親か一人親かで貧困率は6倍強の差、親が大卒以上かどうかで5倍の格差、正社員かそうでないかで2倍の差が生まれています。貧困世帯の半数近くが「食べ物を買えない」と答えており、5世帯に1世帯が公共料金の支払いに滞っています。
弊レーベルは、本にまつわる情報格差を無くしたいと考えています。
詳細は「子ども割」のページをご確認ください。

環境対応について

少部数印刷にこだわります

環境負荷への観点から、大量出版・大量廃棄の流れに乗せることを好みません。弊レーベルは、印刷工程はFSC®認証(CoC認証)を取得した企業にお願いする、書籍用紙においても代替可能ページは全てFSC®認証用紙を使用するなど、環境対応策を模索し続けています。
また、表現はめざましい速さで流動します。例えば「ブラック企業」は黒人の方に対する差別表現ですし、弊レーベルも今日は気づかないマイクロアグレッションに、明日には気づき、反省し、改訂を加えるかもしれません。文化資料としては「21世紀初頭の本」と割り切ることも必要と理解しておりますが、あくまでも弊レーベルでは、社会問題に意識的な読者に寄り添いたいと考えています。そのため電子版はかなりの頻度で改訂を加えていますし、紙の本も可能な限り予約注文や少部数印刷に徹し、表現を見直し続けたいと考えております。
在庫切れには重々注意しておりますが、特にリトルプレスの書籍については出荷まで少々お時間を頂戴することもあるかと存じます。何卒ご容赦ください。

送料への考え

BtoB、BtoCいずれにおいても、基本的に全ての商品の発送において、人件費・決済手数料等を加味した送料を頂戴いたします。
梱包材も環境対応のものを使うと割高になるためです。弊レーベルは、「太平洋ゴミベルト」に漂着するプラスティックゴミの3割が日本由来であることを憂慮し、プラスティックではなく未晒し紙や蝋引き紙で本を包みます。
送料の詳細につきましては、各ECサイトをご参照ください。