BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 杏奈の日記
  4. 反省文です。

反省文です。

こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。

……って書き出すと指が震えますね。
ごめんなさい、って一言を打ち出すにも息が苦しくて、でも「書かなきゃ」って思いながら日が経ってしまうと余計に戻りづらくなるということも解っていて、今日は、今なら、大丈夫かもしれないと思ったタイミングで筆を執っています。

「なんの話?」という方は忘れてください……(あなたの存在が今の私にはすごく有難いです)
「あれかな」という方は、見守って頂いてありがとうございます。
少し前、ちょっとかなりナイーブな記事を叩きつけるように衝動的にUPしてしまって、あげく数日後にはアクセス数の伸びが普通じゃないと気づいて怖くなってすぐに非公開にするという醜態を晒してしまって、その説明も怠ったまま数日が過ぎて今で、「けろっと忘れたふりをする」というのがどれほど難しいか、今更ながら、自分の言葉の軽さも猛省しています。ごめんなさい。ご心配をおかけしました。
個人的にメールを送って下さった方や、そっといいねを押して胸中を報せて下さった方に本当に救われました。勿論コメントにも(今はご覧になっているか解らないのですが、複数ミュートワードの設定の仕方を教えて下さったIさんへ。ごめんなさい、どこまで書いていいのか、でもこの場所以外に伝える方法がないから改めてお礼を言わせてください。あの画面、見せて下さることにもきっと勇気が要ったはずで、それをずっと考えています。胸襟を開くことがどれだけ怖いか臆病な私は知っているつもりです。本当にありがとうございました。あの時の私に何よりも必要な情報でした。これからも大切に覚えています)

以下は備忘録です。
ずっと、心に留めてきたのにこの間は忘れてしまっていたことを、もう一度、忘れないように刻み直しておきます。
でないと子どもの頃の自分に怒られてしまいそうだから。

自分が傷ついたことは、人を傷つけていい理由にはならない。

しっかり反省して――でもきっとまた私は間違えます。間違える人間だということを忘れないでいたいです――注意深く言葉を選んで参ります。
最後まで読んで頂いてありがとうございます。本当に……愛想を尽かさないで頂いて……あの後、人の優しさが見えなくなるくらいに塞ぎ込んでいたのですが、やっと少し回復してきました。
まずは「ありがとう」をちゃんと伝えるところから。
誰かから温かさを分けて貰って、初めて書ける言葉があることを忘れないでいたいです。
あなたと、あなたの大切な人が、いつも優しい言葉で包まれますように。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ