BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 国内情勢
  4. イチゲが好きです――春の妖精、スプリング・エフェメラル

イチゲが好きです――春の妖精、スプリング・エフェメラル

こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。

東日本大震災から今日で9年ですね。
紅龍堂の近くには温泉があるのですが、コロナウイルスで行政指示が入り現在は臨時休館中。図書館も休館中。今日はなんとなく一人で紅龍堂にいるのが寂しくて、近所のお寺に行きました。梅が綺麗なのです。
本堂のお参りを終えたところで、和尚さんに呼び止められました。

「今日はいい天気で、気持ちがよいでしょう」
「はい、とっても」
「梅も綺麗ですが、梅の根本もぜひご覧になってくださいね。イチゲの花が可憐に咲いていますよ」
「――一華」
「はい、東一華(アズマイチゲ)です。梅の木の下が心地いいんですかね。群生してるんですよ。毎朝11時くらいに開いてね、14時くらいにはすぼんでしまう。奥ゆかしい花です。今日は――ああ、だめだ、もうすぼんでる」
「そうですか……」

確かに、すぼんでいます。

「川のほうには行きましたか?」
「いえ、まだ」
「今年は、蛍は見られないかもしれません。氾濫でね」
「大変でしたよね。もしかして、まだ川岸を歩けないのですか?」
「いえそれは平気なんですが、ほら、色々変わるでしょう。流されて。年にもよりますが、増水の後は蛍が減るんです。まあ、自由に見ていってください」
「ありがとうございます」

いいお天気です。
後ろの大きな木が、風にざわめく姿が美しかったです。
川岸に下りていきます。
今は静かですが、台風19号では濁流に呑まれました。
猫さんがいました!
左耳の先端がカットされているので、避妊手術済みの女の子。腰を悪くしているそうですが、縁側で気持ち良さそうに日向ぼっこをしていました。いつのまにか居ついてから20年近く一緒に過ごされているそう。そっと指先を差しだしたら、喉をかかせてくれました。ふふ、光栄です。
梅も美しいですが、野草の可愛らしくたくましいこと。オオイヌノフグリ。
スミレ……だと思うのですが、何スミレでしょう? こんなヒョウ柄のスミレは初めて見ました。気になります。ご存知の方は、教えて頂けるととっても嬉しいです……!
春の七草でお馴染み、ハコベですね。

「別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます」というのは川端康成ですが、人は与えたものしか残せないのですよね。
川端の『花』の一節には「美しい呪い」の呼び声が多いですが、私は、呪いでもいいから、教えてもらったことは覚えていたいです。

……! アズマイチゲ、なぜかある梅の木の下だけ咲いていました!

「一華」
一つの茎に一つの花しか咲かせないから、そう呼ばれています。早春に咲いた後は、葉を枯らして姿を消してしまう。こうした特徴の野草を、春の妖精、「Spring Ephemeral(スプリング・エフェメラル)」と総称します。
直訳は「春の命短しもの」
地下では生きていて、また来春、咲くのですけれどね。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。とっても嬉しいです。
きっとまた、遊びにいらしてくださいね。

大家さんが千葉県市川市で入居者募集をしています。
「初月家賃無料、ペットもルームシェアも単身高齢者もLGBTQも外国籍も生活保護も前科持ちも当たり前にOK」だそうです。詳しいことはリンクからご確認くださいませ。
「自分も物語の世界に飛び込みたい」という方は、とりわけ、大歓迎です。


(twitterを始めました。どうぞお気軽にフォローくださいね)

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
(ブログランキングに参加しております。1日1クリック、応援頂けると「ああ、読んで下さっている方がいる」と分かって励みになります。もちろん、記事を面白いと感じて頂けたら……いつもありがとうございます)
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ