BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 二十四節気・七十二候
  4. 霜止出苗(しもやみてなえいずる)

霜止出苗(しもやみてなえいずる)

こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。

さて、気を取り直して七十二候です!
バタバタしていて恐縮ですが、4月25日から「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」という季節に入っています。
意味は文字通り。
霜の心配もなくなり、いよいよ本格的な農作業を始めるシーズンです。

この季節の言葉で私が好きなのは、五風十雨(ごふうじゅうう)。
五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降る天気のことで、農業からすればまさに順調そのもの。
コロナウイルスで人間社会は激変を強いられていますが、少なくとも私の体感として、大気は、例年以上に穏やかです。

つまり、作付けができます。

外出自粛要請のさなかですが、農家は止まる訳にはいきません。
幸いなことに三密でもありません。
上手く言えませんが、ここに関してだけは因果にも近いものを感じます。
今、政治にしても、メディアにしても、代議制であったり、誰かが聞いてきてくれた情報を信じるしかなかったり、自分が口にする食べものすら、どこでどのように作られている(殺されている)か知らずにいることが「当たり前」の世界で、
このまま生きていくことは、生存戦略として正しいのか。
それを突きつけられているように感じてなりません。
人それぞれ答えは異なると思いますが、紅龍堂としては、新しい一歩を踏み出したいです。
怖くても。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。とっても嬉しいです。
きっとまた、遊びにいらしてくださいね。

よくあるご質問を、FAQにまとめました。
紅龍堂について気になることがございましたら、twitter等でお声かけ頂けると、とっても嬉しいです。

大家さんが千葉県市川市で入居者募集をしています。
「初月家賃無料、ペットもルームシェアも単身高齢者もLGBTQも外国籍も生活保護も前科持ちも当たり前に歓迎」だそうです。詳しいことはリンクからご確認くださいませ。
「自分も物語の世界に飛び込みたい」という方は、とりわけ、大歓迎です。


twitterを始めました。どうぞお気軽にフォローくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
ブログランキングに参加しております。1日1クリック、応援頂けると「ああ、読んで下さっている方がいる」と分かって励みになります。もちろん、記事を面白いと感じて頂けたら……いつもありがとうございます。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ