BLOG

こんにちは。
お元気ですか?

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 国内情勢
  4. 春のお裾分け

春のお裾分け

こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。

昨日、ちょっと疲れたブログを上げてしまったのですが、ご心配頂いてありがとうございます……!涙 おかげさまで凄く気持ちが楽になって、久しぶりにぐっすり眠ることができました。

今日は思い切って、外の空気を吸ってきました。
心配なさらずとも、紅龍堂の周りに「三密」に該当するような娯楽施設はありません(苦笑)
過疎化の一途を辿っているので、人にも会いません……猿には会いましたけれど。
山ではもう日が暮れる時間でしたから、どちらかというと、「人ならざるもの」に逢わないかしらと酩酊するような雰囲気で。日頃の生活行動圏をふらっとお散歩しただけなのですが、そこいらじゅうがむせかえるような濃厚な春爛漫で、ふわふわと浮足立ってしまいました。
少しだけですが、お裾分けさせてくださいね。

紅龍堂の近くの風景です。
ミツバツツジと枝垂桜の美しいこと。
ふふ、山にも桜が自生しています。

都内で「お花見」というと、宴会のイメージが主流なのでしょうか?
紅龍堂の近くでは、桜はあたりまえにその辺に咲いているものなので、強いて見に行くという感覚があまりありません。
実を言うと、例のDIYマンションからも山が見えて、桜に、青葉の頃に、紅葉に雪にと、春夏秋冬を楽しんで頂けます。頑張って形にしますね!

足元にはハナニラ。
ムスカリも……

あら? 悲しい花言葉の花が集まっていましたね。
ハナニラは「悲しい別れ」、ムスカリは「失望」――でも、花言葉は人間が勝手に付けたものですからね(苦笑)
誇らしげに、生き生きと咲いていました。

芝桜も!
ふふ、可愛らしいですよね。

芝桜の花言葉は「合意」「一致」に、「臆病な心」。
いかにも群生している様子から連想して、「人間がつけた」という感じがしますね(苦笑)
花はただ咲いているだけで美しいです。

川のほうへ下りて行きます。

お気づきの方もいらっしゃるでしょうか?
そう、以前参拝したお寺のすぐ傍です。
でも今回は、お寺には寄っていません……万が一にも私が罹患者で、和尚さんに移してはいけませんから。「先代和尚の書展をやるからおいで」と誘って頂いていたのですが……残念ですし、寂しいです。
本当でしたら、4月8日の花まつり(お釈迦様のお誕生日)にも参拝したかったのですが、今年ばかりは仕方ないですね。

ハナモモが咲いていました!

桃の花言葉ってすっごい詩的ですよね。
「私はあなたの虜」
――ちなみに「天下無敵」も桃の花言葉です(笑)
桃は、大家さんが大好きなのですが、妙に納得してしまいます。

坂を下って行きます。ああ、綺麗……
反対斜面には菜の花がいっぱい!
川岸に来ました。

川の名前は秘密ですが、私の大好きな川です、ふふ。
最後に、せせらぎをお楽しみくださいませ。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。とっても嬉しいです。
あなたも、今夜はよく眠れますように……ささやかながら、お礼に代えて春のお裾分けでした。
きっとまた、遊びにいらしてくださいね。

よくあるご質問を、FAQにまとめました。
紅龍堂について気になることがございましたら、twitter等でお声かけ頂けると、とっても嬉しいです。

大家さんが千葉県市川市で入居者募集をしています。
「初月家賃無料、ペットもルームシェアも単身高齢者もLGBTQも外国籍も生活保護も前科持ちも当たり前にOK」だそうです。詳しいことはリンクからご確認くださいませ。
「自分も物語の世界に飛び込みたい」という方は、とりわけ、大歓迎です。


twitterを始めました。どうぞお気軽にフォローくださいね。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
ブログランキングに参加しております。1日1クリック、応援頂けると「ああ、読んで下さっている方がいる」と分かって励みになります。もちろん、記事を面白いと感じて頂けたら……いつもありがとうございます。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

22世紀を生きる知恵

初めての方へ